面白い小説を読みたいので、お前らのオススメを教えてくれ

 

1 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)13:45:26 ID:CHTDJY6xK(主)
各サイトを回って、一応自分でも調べてみた
「星を継ぐもの」
「夏への扉」
「アルジャーノンに花束を」
「たった一つの、冴えたやり方」

海外の作品を中心にチョイスしてみたのだが、この中で特に面白い作品はどれなのだろうか
これ以外にも、日本の作品も含めて良作があれば教えて頂きたい
出来ればエンタメ志向の強い小説がいいな

2 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)13:46:54 ID:bbEjedeyC
SFならアーサーCクラーク幼年期の終わりが新訳出ててオススメ

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

4 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)13:48:35 ID:CHTDJY6xK(主)
>>2
出来ればあらすじも教えて貰えるとありがたいな

7 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)13:50:37 ID:bbEjedeyC
>>4
地球外生命体と遭遇するファーストコンタクトものだけど
ちょっと超科学入ってるから、新世界より好きならオススメ

 

3 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)13:47:06 ID:CHTDJY6xK(主)
因みにこれまで読んで特に面白いと感じたのは、「新世界より」


新世界より(上) (講談社文庫)

と「旅のラゴス」かな

旅のラゴス (新潮文庫)
 

 

 

6 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)13:50:31 ID:nnkdje1Lb
星を継ぐものは漫画版(全4巻)もあるからそっちを読んでもいい

星を継ぐもの 1 (ビッグコミックススペシャル)

9 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)13:51:40 ID:CHTDJY6xK(主)
>>6
漫画もあるのか
これは意外だな

 

 

8 :ヤンバルクイナ◆XX/OhdDkY2 :2014/10/26(日)13:50:56 ID:RY7l0VGGO

エンタメ志向の強い小説なら
万能鑑定士Qの事件簿

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

11 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)13:52:22 ID:CHTDJY6xK(主)

>>8
お前はヤンバルクイナか
久しぶりだな
あらすじを頼む

17 :ヤンバルクイナ◆XX/OhdDkY2 :2014/10/26(日)13:56:44 ID:RY7l0VGGO
>>11
凜田莉子は沖縄の波照間島で育った少女。
高校卒業をきっかけに上京するが、働くあてがない。
途方に暮れていた時にリサイクルショップの瀬戸内陸と出会う。
その人の教授により莉子は才能を開花させていき、数々の事件を解決する。

こんな感じか?

25 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)13:59:29 ID:CHTDJY6xK(主)
>>17
アニメで例えると氷菓的なノリかな?
あのアニメは嫌いじゃない

 

 

12 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)13:52:39 ID:Ftpu8MAY1

夏への扉と星を継ぐものは読んだけど、どっちかっつったら俺は月は無慈悲な夜の女王が好き

月は無慈悲な夜の女王 (ハヤカワ文庫 SF 1748)

14 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)13:55:13 ID:CHTDJY6xK(主)

>>12
タイトルのセンスが良いな
因みに、星を継ぐものと夏への扉はどちらの方が面白かったんだ?
結構気になっているのだが

 

 

22 :虎◆EOrxu1andA :2014/10/26(日)13:58:47 ID:95DJz6E78
東野啓吾の「変身」

変身 (講談社文庫)

27 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:00:30 ID:CHTDJY6xK(主)
>>22
その作者はxの献身が面白かったわ

容疑者Xの献身 (文春文庫)
 

 

23 :虎◆EOrxu1andA :2014/10/26(日)13:59:00 ID:95DJz6E78
ガリレオシリーズ

探偵ガリレオ (文春文庫)
 

 

24 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)13:59:07 ID:nnkdje1Lb
清水義範の『神々の午睡』がおすすめ
架空の三大宗教を軸に展開する世界の歴史を描いた小説
難しそうな印象を受けるかもしれないが文章は平易で読みやすい

神々の午睡〈上〉 (講談社文庫)

SFなら筒井康隆の『虚航船団』が大好きだけど人にはすすめられない
一言でいうと文房具がイタチの星に攻めこむ話
架空の星の歴史を古代から現代まで作り上げてるのがすごい

虚航船団 (新潮文庫)
 

35 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:06:34 ID:CHTDJY6xK(主)

1でチョイスした作品の中では、どれが一番良いかな?
あまり海外の作品は読んだことがないので、出来る限り読みやすいのを頼む

37 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:08:00 ID:hINCOCe5N

アルジャーノンは読みやすい

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)

40 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:10:37 ID:CHTDJY6xK(主)

>>37
やっぱり他の小説は読みにくいのかね?
星を継ぐものの評判は良かったのだが、アルジャーノンの方を優先させるのが得策だろうか?

 

42 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:11:31 ID:nnkdje1Lb
>>1の中だと最も読みやすいのは夏への扉だと思う

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

その他個人的なおすすめ

豊田有恒『モンゴルの残光』
モンゴル人が支配し続ける世界を覆すべく白人の男が元の時代の中国に飛ぶ

モンゴルの残光 (ハルキ文庫)

ジェリー・ユルスマン『エリアンダー・Mの犯罪』
第二次世界大戦という”存在しない”戦争に関する記録を見つけた女性がその謎を追う

佐藤賢一『カルチェ・ラタン』
パリの学生街を舞台にした刑事物 事件を調査するうちに巨大な陰謀が明らかに

カルチェ・ラタン (集英社文庫)

カレル・チャペック『山椒魚戦争』
知能を持つ山椒魚を発見し飼育するがとうとう彼らは人類に反旗をひるがえす
途中に挿入されるでたらめな日本語は一見の価値あり

山椒魚戦争 (岩波文庫)

47 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:13:19 ID:CHTDJY6xK(主)
>>42
どれも良さそうだな!
徹夜で全部読もうかな

44 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:12:18 ID:Ftpu8MAY1
>>1
個人的には夏への扉
読んだ後、ちょっと幸せな気持ちになれる

49 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:15:51 ID:CHTDJY6xK(主)
>>44
なるほど
では今読んでる作品を読了させたら、夏への扉に挑戦してみよう
初の海外作品だが、頑張って読もう!

 

45 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:12:22 ID:0Fwr6gt70

星を継ぐものは小難しいぞ
アルジャーノンはメロドラマ

星を継ぐもの 1 (ビッグコミックススペシャル)
 

 

48 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:15:04 ID:0Fwr6gt70
たったひとつの
は、ちょっと百合が入った少女の悲しい物語
短編だから読みやすいかもしれん
夏への扉はハゲと猫が活躍するちょっとロリが入った夢物語

たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)

50 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:17:05 ID:CHTDJY6xK(主)
>>48
前者についてはどうなんだろうか?
ちゃんとSFしてるのか?

53 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:30:38 ID:0Fwr6gt70
>>48
宇宙船のパイロットの少女の話だな

 

 

 

52 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:30:10 ID:nnkdje1Lb
「坊っちゃん」なら『直筆で読む坊っちやん』という本がよかった
漱石の生原稿を完全収録してる

直筆で読む「坊っちやん」 (集英社新書 ヴィジュアル版 6V)

>>1で挙げられてる作品は実は星を継ぐもの以外はやる夫スレ化してたりする

57 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:54:29 ID:CHTDJY6xK(主)
>>52
マジかよww
そういった意味でも興味が出てきたわww

 

 

 

59 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:57:57 ID:XImhTVaYv
SFならエリスンの『世界の中心で愛を叫んだけもの』。世界の中心で愛を叫ぶの元ネタになったエヴァのタイトルの元ネタ

世界の中心で愛を叫んだけもの (ハヤカワ文庫 SF エ 4-1)

60 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)14:59:14 ID:CHTDJY6xK(主)
>>59
あの映画はエヴァが元ネタだったのか
これは初耳だな

 

 

61 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)14:59:55 ID:X5bqdiaeF
「災厄の紳士」
推理小説 ヨーロッパが舞台
てかこれしか読んだことない

災厄の紳士 (創元推理文庫)

63 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)15:01:22 ID:CHTDJY6xK(主)

>>61
推理小説には手が出せずにいるな
とりあえずSFの名だたる傑作を網羅していきたい

64 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)15:02:25 ID:X5bqdiaeF
>>63
読んでて頭使わなかったけどね 読みやすかったし難しくもなかった
結果には圧倒された

65 :流浪のインキュベーター◆nh5dDnj.qs :2014/10/26(日)15:04:21 ID:CHTDJY6xK(主)
>>64
読みやすさは俺の作品選びの中では重要な要素だ
そのジャンルにも挑戦してみようかな

66 :名無しさん@おーぷん :2014/10/26(日)15:07:01 ID:X5bqdiaeF
>>65
多分推理小説って考えなくても考えても読めるようになってんじゃないかな
一冊しか読んだことないからなんとも言えんがw
あとは世界観が受け入れやすいかどうかじゃね

 

引用:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1414298726/l50