おすすめの戦争映画教えてくれ

1 :名無しさん@おーぷん:2015/04/28(火)21:28:20 ID:cna(主) ×
グーグルプレイがレンタル一本無料やってるからさ
ブラックホークダウンとプライベートライアンしか見た事ない

2 :名無しさん@おーぷん :2015/04/28(火)21:29:12 ID:gb3 ×
ライフイズビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]
 

 
3 :名無しさん@おーぷん :2015/04/28(火)21:30:22 ID:cJ6 ×
ランボー4

 

 
9 :名無しさん@おーぷん :2015/04/28(火)21:32:13 ID:f7z ×
フルメタルジャケット

フルメタル・ジャケット [DVD]

17 :名無しさん@おーぷん :2015/04/28(火)21:39:07 ID:NHz ×

フルメタルジャケットは、前半の海兵隊ブートキャンプ(新兵教育)が様々な作品でネタにされる程面白い。
後半の荒みきった兵士の描写とかもなかなか

ランボー1はベトナム帰還兵の話
国のために命懸けで戦った筈なのに、その国とかようやく手に入れた平和な日常から弾かれてしまい
ひとりぼっちの反乱を起こすって内容

 
29 :あきたこまち♯kぁ;ぎえおw; :2015/04/28(火)21:45:10 ID:YPZ ×
トム・クルーズの7月4日に生まれて

名作だと思う。ドンパチじゃなくて戦争が終わった後の話ががメインだけど

アメリカの建国記念日に生を受けたロンは、21歳のときに海兵隊員としてベトナムに派遣された。しかし負傷し、下半身不随となって帰国する。彼が傷ついたのは体だけではなかった。信じていた祖国に裏切られたからだ。
自らベトナムで2度負傷し、『プラトーン』でアカデミー賞を受賞したオリバー・ストーン監督。本作は、ロン・コービックの原作を10年越しの悲願実現で映画化したもので、89年のアカデミー監督賞を受賞している。

『レイン・マン』で演技派に転向したトム・クルーズがロンを演じ、その後の俳優人生を決定づけた。共演にはウィレム・デフォー、キーラー・セジウィックなどの演技派がそろう。
単なるベトナム回顧にはとどまらず

、広い意味で反戦をうたいあげ、人と国を愛することへの尊厳を描いている。(アルジオン北村)
内容(「Oricon」データベースより)
ベトナム帰還兵の半生を通して、アメリカの歴史に深く刻まれたベトナム戦争の問題を描いた作品。出演トム・クルーズほか。

7月4日に生まれて スペシャル・エディション [DVD]
 

 

41 :名無しさん@おーぷん :2015/04/28(火)21:49:29 ID:06E ×
硫黄島からの手紙は面白いけど、
一個だけ不満があるとすると小笠原兵団の参謀の手記をベースにしているので、
「島を爆破して沈めよう」とか出てきたりとか、
日本兵の動きが、トレーニングを受けた俳優の米兵と違って、
ちょっと素人っぽく見えるところかな。

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]
 

 

74 :名無しさん@おーぷん :2015/04/28(火)21:58:28 ID:06E ×
古いのでもいいなら「加藤隼戦闘隊」
なんと実機の隼とか、鹵獲された英米機が登場する!
音声レベルがちょっと残念だけどね。

加藤隼戦闘隊 [DVD]
 

引用:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1430224100/l50